記事公開日 : 2020/09/17
記事カテゴリ : SITE INFO

CARRON Semaine blanche

CARRON Semaine blanche

CARRON Semaine blanche
9.17 Thu – 27 Sun

フランスの旧家アスティニ・ドゥ・ヴィラット家の長女マチルダ・キャロンが立ち上げた「CARRON」の白い器が店頭に多数揃いました。南仏のアトリエで丁寧に仕上げられる白い釉薬と透けて見える黒い土が織り成す豊かな表情、手作りならではの気泡のあとや色むらなどをあえて生かした温もりあるフォルムが特徴です。 上記の期間、アンシェヌマン各店舗にてCARRONのアイテムが10%OFFになるフェアを開催いたします。 CARRONの白い器を中心にホワイトのアイテムにフォーカスして、店頭を素敵な空間に演出し、皆様のご来店をお待ちしております。

「CARRON」は店舗限定商品です。予めご了承ください。

ホワイトの秋冬アイテムはこちら>>

When? Carron was born in Paris. Mathilde, originally from Paris, co-founded the Astier de Villatte company, which she left after having created numerous models and set up her own brand in 2014. Who? Mathilde and her son Charles pursue this family art story. Mathilde continues to create freely by paying homage to what she has learned from her grandparents and parents, inherited from her Parisian, Norman, Lotoise family, from her many inspirations from imaginary journeys in worlds as varied as Picasso, Egyptian and African art, the Douanier Rousseau, the American naives, folk art, ancient Greece, from Poussin to Ingres, such a great family... What? Objects for sublimated life, entirely made by hand, cups, bowls, plates, platters, vases, salad bowls...
How? A black terracotta covered with a milky white enamel, the classic form reinvented, an inspiration from the mists of time, from primitive art to the sophistication of baroque, from simplicity to the modern style, The detail redesigned by the enamel transparency is the particularity of this faience, the imperfection magnified becomes a decor. Where? In her Parisian studio, she created the first models, then, looking for more space, organization, sun and light, Mathilde entrusted Charles the small Parisian atelier. From the south of France, the creation settles according to the stays of Pierre, Mathilde, Charles ....

And the story continues ...



芸術一家として知られる旧家の末裔、マチルダと息子チャールズは芸術家が集まるパリの14区に生まれました。 CARRONは、名高く知られる家系の長い歴史にも関わらず比較的新しく、フランスのアール ド ヴィーヴル (Art de Vivre)「暮らしの芸術」を豊かに彩るするコレクションを提案しています。 古くからの伝わる陶器のアートと結びつき、あえて素朴な材料を使って、ほとんどの作品がマチルダよってデザインされ、彼女独自の製法に倣ってワークショップにて全行程手作業で作られます。 どの作品もそれぞれ光と影が織りなすグラフィカルな優雅さと仕上げの美しさがあり、世界に一つしかないユニークな個性を放ちます。 完璧な技法知識により、CARRON PARIS ではほぼすべての多種多様なプロジェクトを自社ワークショップ内にて研究し制作しています。