• CAMALDOLIミエ―レリップクリーム
  • CAMALDOLIミエ―レリップクリーム( -5ml)
  • CAMALDOLIミエ―レリップクリーム
  • CAMALDOLIミエ―レリップクリーム( -5ml)

CAMALDOLI

CAMALDOLIミエ―レリップクリーム

¥1,700 JPY

Add to Wish List

¥1,700JPY

【中世イタリア、修道士自らが養蜂に取組み研究したカマルドリ修道院秘蔵レシピ】
カマルドリ修道院が創設された中世イタリア。当時から修道院では養蜂が盛んに行われていました。貴重な甘味料であり薬でもあった蜂蜜を得るだけでなく、教会や家庭を照らす為のロウソクの原料ミツロウを確保するためでした。そのミツバチが生み出す貴重な成分について調査・研究し、それらを配合した軟膏やクリームを修道院薬局で処方していました。
【カマルドリ ミエ―レリップクリーム】
ハチミツ(ミエ―レ)ベースにミツロウ等、天然の保湿成分を配合したリップクリーム。ハチミツが唇に艶を出してくれて、口紅下地やグロス代わりに使えます。乾燥が気になる方は夜寝る前にたっぷり塗って優しくマッサージすると、ひび割れや縦じわ予防に。
【成分へのこだわり:ハチミツ(ミエ―レ)】
働き蜂が花を回って花蜜を集め、巣に持って帰り仲間の蜂に渡す過程で加工・貯蔵されたもの。古代エジプト・ギリシャ時代から使われ、クレオパトラ7世はハチミツを用いて化粧をしていたと言われています。また古代ローマでは、治療薬としての使用や現在の化粧品のように使われていた記載が残っています。ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
※蜂アレルギーの方はお控えください。

Detail

商品番号 7915027
【CAMALDOLI】
カマルドリ修道院は修道士ロムアルドによって西暦1012年イタリアのアペニン山脈の森に創られました。1048年、修道院内に医院が創られその傍らに調剤所として生まれたのが、現在の薬局として残っている、「カマルドリ修道院薬局」です。中世から続く伝統のハーバルレシピも神への祈りと献身のもと現在まで大切に守り続けられ、多くの人に愛され続ける製品を作り続けています。
【使用方法】
キャップを取り外してリップ部分を2~3ミリほど出し、 直接唇に軽く当てながら優しく滑らせて下さい。 乾燥が気になるときには、唇全体を2~3往復して塗って下さい。
【注意】
○お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。腫れ、かゆみ、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合、またお肌に合わない場合は使用を中止し医師にご相談ください。
○お子様の手の届かない所に保管してください。
○直射日光や高温になる場所を避けて保管してください。
○傷やはれもの、湿疹等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
○目に入った場合は直ちに洗い流してください。
○蜂アレルギーをお持ちの方は、ご使用をお控えください。

Spec

成分ブドウ種子油、ヒマシ油、ミツロウ、カルナウバロウ、オクチルドデカノール、カカオ脂、セテアリルアルコール、レシチン、ローヤルゼリー、ハチミツ、ジカプリリルエーテル、トコフェロール、バルミチン酸アスコルビル、クエン酸
原産国MADE IN ITALY

Size

サイズ表記内容量(ml)
 5ml

Recently View